今週公開の映画から映画批評、映画人へのインタビューまで映画情報満載

rogo_top

【SF】

最新映画予告編: 『Source Code(ソースコード)』 デヴィッド・ボウイの息子のダンカン・ジョーンズの長編映画2作目

列車爆破テロ事件で呼び出されたコルター・スティーブンス(ジェイク・ギレンホール)。彼に与えられた任務は、死を迎える人間の人生最後の8分間、その人物になり代われるという"ソースコード"を使って、テロの犠牲者の死ぬ直前の8分間の意識に、侵入することを繰り返し、爆弾犯の突き止めることだった...続きを読む »

最新映画予告編: 『I Am Number Four(アイ・アム・ナンバー・フォー)』 チーム・スピルバーグのエース、マイケル・ベイ監督に代わり、D・J・カルーソがメガホンを取る

謎に満ちた孤独な高校生活を送るジョン。実は自分の星を侵略され、地球に逃れてきた、人間に同化したエイリアンだった。同じように地球に逃れた9人(?)のエイリアンのうち、3人が殺害されてしまう。そんななか、4番目の男「Number Four」のジョンは運命を変える恋に出会い、地球に襲来した敵と戦うことを決意する。監督は、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮で製作された『イーグル・アイ』でメガホンを取った、D・J・カルーソ。続きを読む »

【書き起こし】 一見さんお断り!?「ザ・シネマハスラー『ハリーポッターと死の秘宝 Part 1』」 後編

TBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』の22時からの人気コーナー、無差別型映画評論「ザ・シネマハスラー」。
毎週サイコロで観に行く映画を決める、お馴染みコーナーだが、11月28日に放送された今回は"ザ・シネマハスラー実験編"と称して「予習復習をしない、すなわち原作もこれまでの関連作も全部見ない」での評論に初挑戦した模様。お題は『ハリーポッターと死の秘宝 Part 1』。1作目を家でぼんやり観ただけ、と語るRHYMESTER・宇多さんがいきなり今作から見たらどうなるかという実験を行った様子を書き起こしてみた。
 
4861915570TBSラジオ: 
ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル
毎週土曜日21:30~24:30
続きを読む »

【書き起こし】 一見さんお断り!?「ザ・シネマハスラー『ハリーポッターと死の秘宝 Part 1』」 前編

TBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』の22時からの人気コーナー、無差別型映画評論「ザ・シネマハスラー」。
毎週サイコロで観に行く映画を決める、お馴染みコーナーだが、11月28日に放送された今回は"ザ・シネマハスラー実験編"と称して「予習復習をしない、すなわち原作もこれまでの関連作も全部見ない」での評論に初挑戦した模様。お題は『ハリーポッターと死の秘宝 Part 1』。1作目を家でぼんやり観ただけ、と語るRHYMESTER・宇多さんがいきなり今作から見たらどうなるかという実験を行った様子を書き起こしてみた。
 
4861915570TBSラジオ: 
ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル
毎週土曜日21:30〜24:30
続きを読む »

最新映画予告編: 『Sucker Punch(サッカー・パンチ)』 3D映画でなくても空想世界を美しい映像で表現 

『Sucker Punch(サッカー・パンチ)』
2011年3月25日 全米公開
日本公開未定

手にしている武器は刀や槍、敵は日本式鎧兜を身に纏った武士(?)達。はたまたドラゴンが火も吹いている模様。物語は空想世界で美女軍団が一風変わった敵達をばったばったと倒していきながら進みます。さらに美女軍団のセクシーな衣装にも注目。監督は『ウォッチメン』を製作したザック・スナイダー。続きを読む »

最新映画予告編: 『Los Angeles(世界侵略:ロサンゼルス決戦)』 人類VS宇宙人

『Battle: Los Angeles(世界侵略:ロサンゼルス決戦)』
2011年3月11日 全米公開
2011年3月26日 日本公開予定

空からの謎の攻撃、相手はなんと宇宙人だった。激戦のなか、人類は空中から地上への侵略を許してしまう。果たして人類は宇宙人を相手に地球を守りぬくことができるのか。続きを読む »

最新映画予告編: 『Tron Legacy(トロン:レガシー)』 good. Disney finally made a non kids movie!

Tron Legacy(トロン:レガシー)』 -12月17日(金)より全国公開

ja.wikipedia.org/wiki/トロン_(映画)
『トロン』(原題: Tron)は、1982年アメリカ・台湾SFファンタジー映画

世界で初めて全面的にコンピュータグラフィックスを導入した映画として話題を集め、コンピュータの内部世界を美麗な映像とプログラム擬人化という手法でわかりやすく表現した点が特徴といえる。

ティム・バートンがアニメーターとして、アイス・エイジ監督のクリス・ウェッジがCGプログラマーとして、そして「エイブル・システム」のスーパーバイザーとしてロバート・エイブルが参加している。 続きを読む »
[PR]
最近よく売れているもの
キヲクバナー160x40
ケータイでチェック
QRコード
  • ライブドアブログ